卒業生インタビュー

第一線で活躍する先輩方から知る、動物業界の最前線!

"やりたい仕事"や"なりたい職業"など、夢をかなえて憧れの業界で活躍する先輩たち。
現在の仕事の詳しい内容や、就職を決めたきっかけ、学校生活の思い出などを聞きました!

犬のホテルスタッフ

Pet Salon & Hotel Joli 勤務
越森雄也さん

しつけ・トレーニング学科
2014年3月卒業
東京都立 板橋有徳高等学校 出身

犬も飼い主さんも幸せに

犬のホテルスタッフとして、お預かりしている犬にとって安全安心な管理をしています。広いフリースペースでたくさんの犬たちが共に楽しく過ごせるようにし、しつけを通して人と生活するためのリズムを教え、滞在中にどのような様子であったかを正しく飼い主さんへ伝える工夫をしています。飼い主さんとの限られた会話の中でも、笑顔やプラスアルファの会話をすることで親近感を持っていただき、ポロッと本音を言ってもらえるようなコミュニケーションを心がけています。愛犬の悩みでいろいろな犬の保育園に行ってみたけれど改善されなかった飼い主さんから、「もっと早くここにお願いすればよかった」と言っていただけることがあり、力になれたことをうれしく思いました。犬も犬種や年齢によって性格や気質がちがいます。1頭ずつをよく見て、お客さまからもスタッフからも信頼される人間を目指しています。

自分を成長させた学生時代

卒業して振り返ると学生生活は毎日が思い出で、あっという間だったといつも感じます。合宿先で担当犬と川にダイブすることに挑戦したり、大自然の中で走って笑って泣いての経験もできました。共に担当犬を育てるクラスメイトとは切磋琢磨し合うよきライバルで、うまくいかないときにも「大丈夫」と励まし合う関係でした。もしひとり1頭の担当犬制度であったらならば、ひとりで思い悩んで立ち直れないこともあったのではないかと思います。尊敬する担任の先生から言われた、当時の私を戒め、正しい方向へ導いてもらった言葉が忘れられません。学生生活は、たくさんの人と関われた時間でした。昨年、パートナーとなる犬を迎えました。近い将来、この犬とディスクの大会に出て「あのペアはいい」と認めてもらえるプレーヤーになるべく修行中です。

動物飼育員

羽村市動物公園 勤務
田島勘太さん

自然環境・動物飼育学科
2014年3月卒業
東京都立 瑞穂農芸高等学校 出身

仕事内容

ハイエナやトナカイを担当し、動物の管理から展示場の修繕まで幅広い業務を行っています。園で開催するイベントに携わることもあり、お客さまから笑顔で「ありがとう!」と言っていただくと、この仕事を選んでよかったと心から感じます。生き物が相手のため、日々の飼育管理の中には動物の健康をしっかりと観察する個体チェックがあります。話すことができない動物だからこそ、動物が出す小さなサインを見逃さないように心がけ、どのようにすれば動物にとってより過ごしやすい環境を整えられるかを上司に相談しながら考え、改善に努めています。そんな中で、自分がかけた声に担当動物が反応してくれることがあり、やりがいを感じる瞬間です。

学生時代

学外実習も多く、将来動物園で働くための知識や技術を得られる場であったため、国際動物専門学校に進学しました。1年生のインターンシッププログラムでは、先生から「笑顔を出し惜しみしちゃダメだよ!」というメッセージカードをもらったことで、不安が吹き飛んだ経験があり、そのカードは今でも大切に持っています。パソコン実習で基本的なパソコン操作を学んだため、仕事現場で活かすことができています。勉強だけでなく、クラスメイトと団結した国内研修旅行のクラスパフォーマンスもいい思い出です。尊敬している上司のように、私も人に頼られる人間を目指し、動物のことだけでなく対人関係も磨き続けていこうと思っています。進学先選択は就職先選択と似ていて、焦ってはうまくいきません。早い段階からゆっくりコツコツと進めていくことがポイントだと感じています。

動物保険相談員

アニコム損害保険株式会社 勤務
梅原美和子さん

動物看護・栄養学科
2015年3月卒業
高等学校卒業程度認定試験資格取得

仕事内容

主にアニコム保険を取り扱っている代理店へのサポートや新規開拓を行っています。直接動物と接することはありませんが、保険があることで動物たちの病気やけがを少しでも減らし、大好きな動物たちと飼い主さんを支える仕事です。契約者の方から「保険に入っていたおかげで十分な治療を受けさせることができた」という喜びの声が会社に届くと「私が担当しているペットショップのお客さまかな?」と想像し、この仕事のやりがいを感じます。自分だけががんばればいいという仕事ではなく、人を動かす仕事です。なかなか結果が出ず、もどかしいときもありますが、ひとつひとつ丁寧に積み上げていくことが大切だと考えているため、結果が出ると喜びもひとしおです。「1.01%でも自身を成長させよう」という社内の共通目標があり、動物と人がよりよく共生できる環境づくりに、これからも貢献していきたいと思っています。

学生時代

就職率が高く、取得資格が多いことが決め手となって進学しました。社会人枠での入学だったため当初は不安もありましたが、私以外にも同じ境遇の学生もいて、年齢関係なく2年間を過ごすことができました。学外研修では保健所の見学に行く機会があり、1週間後に殺処分されるという動物を目の前にしたとき、1頭の命の重さを深く考えました。この経験は、プライベートで「地域猫ボランティア」に携わるきっかけにもなり、動物業界における自分自身の役割や就職先を考える際に大きく影響しました。就職面接直前には就職サポートの先生からのアドバイスをそのまま実践したところ、この会社の社風に合っていたようで採用につながったと感じています。担任の先生の掃除指導は厳しかったですが、社会に出るとできていて当たり前、だれも教えてくれません。動物に関することだけでなく、社会人として、人間としての教育を受けることができ、今に生かされていると感じています。

ドッグトレーナー

株式会社フロムパピー
ファミリーナガーデン南青山 勤務
河野花さん

しつけ・トレーニング学科
2014年3月卒業
神奈川県立 厚木東高等学校 出身

仕事内容

一般のご家庭の犬のしつけレッスンや、ホテルでお預かりする犬の管理が主な仕事ですが、その他にイベントの企画や運営も行っています。お預かりをする犬たちの健康確認や、元気に安全に過ごしてもらえるようになど、きめ細やかな配慮が求められます。「犬の幼稚園」のため、入園と卒園があります。卒園時に「ここに通ってよかった!しつけをがんばって本当によかった!」と言ってもらえたとき、飼い主さんと犬の暮らしを考えながらトレーニングをした成果につながったと感じます。犬の扱いに関する技術はもちろんですが、飼い主さんへの対応技術も必要な仕事です。コミュニケーション力の高い先輩に相談をしてアドバイスをもらって学びながら、今よりももっと飼い主さんからも犬からも信頼を得られるように自分磨き中です。

学生時代

今までの人生の中で一番濃い2年間が、国際動物専門学校の学生生活でした。担当犬制度で仔犬から育て、しつけを学ぶことができる点や、学校イベントが多く充実した学びができると思った点が、進路決定の決め手となりました。犬を育てながらドッグトレーナーとしての自分を成長させ、また人と協力することや社会人としてのマナーを学ぶことができ、そのすべてが今の仕事に直結していると感じます。うまくいかないこともあり、担当犬のことを考えながら、クラスメイトと一緒に泣いたこともあります。でも「あなたが変わらなければ犬も変わらないよ」と、叱咤激励を送りながら支えてくれる先生がいたから、自分の殻を破って前に進めました。目標を持って努力をした学生生活が、今の充実した毎日につながっています。

動物看護師

越谷動物医療センター 勤務
平林七恵さん

動物看護・理学療法学科
2014年3月卒業
東京都立 園芸高等学校 出身

海外研修は貴重な体験

「私を癒してくれる動物たちの力になりたい」。この思いが動物業界に飛び込むきっかけでした。現在は動物の健康をまもるだけでなく、専門的に学んだ動物の理学療法と日々関わり、リハビリを通じて一頭でも多くの動物や飼い主さんを支えたいと奮闘しています。現場で働くと、学校で学んだ多くのことが基礎になっていると感じます。1年生で参加した海外研修では、アメリカの先進的な動物医療の現場で最先端のリハビリ技術も学びました。この経験は今の仕事にも確実に役立っています。

仔犬の命が自分の手の中に!

動物病院を支えるスタッフとして、受付から入院動物管理、診察補助や手術助手、検査や在庫管理、リハビリを担当しています。その中でも、帝王切開で生まれた仔犬の蘇生を初めて任されたときのことは忘れられません。生死の境にいる仔犬の蘇生を繰り返しながら、小さな命が自分にかかっている責任を強く感じました。なんとか状態が安定した瞬間の達成感や安心感は格別でした。これからも多くの経験を通じて信頼を得て、安心して仕事を任せてもらえる動物看護師を目指していきます。

動物看護師

こやま動物病院 勤務
鈴木萌恵さん

動物看護・栄養学科
2013年3月卒業
神奈川県立 大和南高等学校 出身

動物たちに元気をもらう

動物看護師の仕事は、動物の保定から血液・尿・便などの検査、手術の助手、薬の調剤、動物のケア・健康管理、飼い主さんへのアドバイスまで幅広いものです。入院している動物たちが元気になって帰っていくことが一番のやりがいになっています。先日も病気で食欲のない動物が来院し、スタッフみんなで試行錯誤して食べ物を与え、やっと食べてくれたときはとてもうれしかったですね。お世話した動物たちの死に直面することはつらいですが、逆に動物たちに元気をもらって気持ちが切り替わることもたくさんあるんです。

職場の先輩を目標にがんばる!

学校では、動物に関する基本的な知識が幅広く身についたことはもちろんですが、動物看護実習で学んだことが仕事にとても役立っています。入社して早々に、急に手術の助手を任されたことがあり、グローブのつけ方や手洗いの仕方などの知識があったので、スムーズに対応することができました。職場には20年以上勤めていて尊敬できる先輩がいらっしゃるので、その先輩を目標に、今以上に貢献できるようにがんばりたいですね。特に、飼い主さんの話を親身になって聞き、的確に対応できるようになりたいと思っています。

トリマー

ドギーズハート 勤務
望月麗加さん

美容・デザイン学科
2014年3月卒業
神奈川県立 横浜清陵総合高等学校 出身

お客さまの喜ぶ顔がやりがいに!

勤務先はペットホテルとトリミングサロンを運営していて、私はトリミングからシャンプー、掃除、ペットホテルの犬の散歩、犬の送迎まで幅広い業務を担当しています。シャンプーやカットで犬がかわいく、きれいになってお客さまが喜んでくださったり、最初は警戒していた犬がだんだんなついてくれたときはうれしいですね。まだまだカットが苦手な犬種や毛質もあるので、それを克服して、1日でも早く、きれいに仕上げられるようになるとともに、お客さまにペットとの暮らしをよりよくするアドバイスができるようになりたいです。

先生のやさしい気配りに感動

トリマーとしては、まずはトリミング技術がとても重要になってくるので、在学中の美容実習で基本的なカットやグルーミングの技術を学べたことが、一番役立っていると感じています。また、2週間のインターンシップ期間は緊張しっぱなしだったので、終わって学校に戻った翌朝、黒板に先生が「おかえり!」と書いてくださっていたのを見て、安心感と達成感でいっぱいになりました。そのインターンシップでがんばったおかげで現在の職場に就職することができました。皆さんも夢をあきらめずがんばってください!

動物飼育員

羽村市動物公園 勤務
土屋祐太朗さん

飼育管理学科
(現:自然環境・動物飼育学科)
2012年3月卒業
東京都立 板橋高等学校 出身

自分のイベント企画が大成功

動物公園で飼育員として勤務し、主に飼育展示を担当しています。獣舎の掃除や給餌、展示場の改善・修繕、動物の個体チェックなどの日常業務をこなしながら、イベントの企画や運営にも取り組んでいます。2015年のハロウィンにモルモットレースを企画・実施したところ、来場したお客さまに大好評で、初めてのイベントを成功させた達成感を味わうことができました。今後は、動物の幸福な暮らしを目指し、環境面での視点から、より自然環境に近い展示を考えていくことが目標です。

学校の学びを活かして工夫する

小学校まで長野県で育ち、自然や生き物に囲まれた生活が普通でした。在学中に、インコをヒナから育てるプロジェクトを体験したことが、現在の職場で実際にヒナを育てる仕事にとても役立ちました。ただ、学生時代のようにつきっきりで面倒を見ることはできないので、自分なりのやり方を工夫することも必要でした。国際動物専門学校の魅力は、先生方が学生に近い距離で接し、楽しく学べること。勉強や就職についてはもちろん、人生の先輩として親身に関わってくれました。

ドッグトレーナー

(株)フロムパピー
ファミリーナガーデン南青山
勤務
金城真里愛さん

ドッグトレーナー学科
(現:しつけ・トレーニング学科)
2012年3月卒業
東京都立 浅草高等学校 出身

飼い主さんの気持ちに寄り添う

パピートレーナーは、犬の様子を見ながらトレーニングをするとともに、飼い主さんのさまざまな相談に対応することで、「犬と飼い主さんの架け橋」の役割を担っています。はじめは飼い主さんに伝えたいことがうまく伝わらず、誤解されたこともありましたが、レッスンの目的や様子を日誌でわかりやすく伝える努力を続けた結果、犬の成長を飼い主さんと一緒に感じ、犬と飼い主さんの絆が深まっていくことが仕事のやりがいにつながりました。そのためにも飼い主さんの気持ちに寄り添うことが大切だと実感しています。

人と向き合う強さを学んだ

もともと人と接することが得意ではありませんでしたが、在学中の担当犬制度を通して、人と犬と向き合いながらの学生生活をおくることができ、相手を思いやる心などを学ぶことができました。また、犬同士のコミュニケーション方法について学んだおかげで、今の仕事で犬を遊ばせる時間帯には、犬同士の関係性や相性を把握して安全に気を配ることもできます。10年後には、卒業の際に引き取った元担当犬のチロルと大自然の中で楽しく過ごすことが夢ですが、子どもたちに犬との接し方を伝える講座開催などにもチャレンジしてみたいですね。

動物看護師 動物看護師長

光が丘動物病院
麻布クリニック 勤務
丸山一夫さん

動物マネジメント学科
(現:自然環境・動物飼育学科)
2000年3月卒業
東京都立 清瀬高等学校 出身

お仕事のやりがいは?

お仕事のやりがいや、学校で学び、役立っていることは? 長く通院されている飼い主さんから「丸山さんなら安心」「ウチのコは丸山さんだけにはなついている」などの声をかけていただいたときは、この仕事のやりがいを実感します。

学校で学び、役立っていることは?

動物看護実習で学んだ基本的な検査の知識・技術は就職してすぐに役立ちましたし、プライベートでも親身になってくださった先生方を見習って、職場の部下たちのケアに活かしています。

メッセージ

自分で努力することは大事ですが、自分を助けてくれるのは自分ではない誰かです。誰かのためを想い、誰かの助けになりましょう。そして、人から好かれ、人から"ありがとう"と言われる大人になってください!

トリマー チーフトリマー

Peace Dogs furifuri 勤務
酒田千尋さん

美容看護専攻科
(現:美容・デザイン学科)
2008年3月卒業
静岡県立 富岳舘高等学校 出身

お仕事のやりがいは?

カット後に飼い主さんが喜んでくれたり、はじめは緊張していた犬が、だんだんなついてくれたりするとうれしいです。若手トリマー育成も担当し、自分の成長を感じる毎日です。

学校で学び、役立っていることは?

豊富な犬種で技術を磨いたトリミング実習です。講義で学んだ知識を実践して身体に覚えさせました。多くの犬種のカットを経験したことが、トリマーとしての力量につながっています。

メッセージ

尊敬するトリマーさんのカットをよく見て技を盗むのが上達のコツ。うまくいかなくても練習を重ねると必ず上達し、飼い主さんやスタッフ間の信頼も高まります。犬が好きなら挑戦してみてください。心がやさしくなれる仕事です!

動物飼育員

(株)サンシャインエンタプライズ
サンシャイン水族館 勤務
山根冬木乃さん

自然環境・動物飼育学科
2014年3月卒業
東京都 私立二松学舎大学附属高等学校
出身

お仕事のやりがいは?

大水槽の魚の飼育展示が主な仕事ですが、お客さまと接する機会もあり、魚の生態や魅力についてお話しすると、目を輝かせながら聞いてくださるので、私もとても楽しくなります。

学校で学び、役立っていることは?

興味深い授業ばかりでした。インターンシップや学外実習、そしてオーストラリア研修など、すべての体験がとても貴重なもので、現在の仕事や自分の在り方のベースになっています。

メッセージ

動物について学ぶときは、例えば魚の形と名前を覚えるだけではなく、「どうしてそんな形・生態なのか?」というように多様な視点からとらえることが大切で、それが将来、お客さまと接する際に役立つはずです。

ドッグトレーナー・訓練士

日欧警察犬家庭犬訓練学校 勤務
松本和也さん

しつけ・トレーニング学科
2015年3月卒業業
神奈川県 私立横浜創英高等学校 出身

お仕事のやりがいは?

1年目から責任のあるポジションを任され、競技会に出場したりと多くのチャレンジをさせてもらっています。高い訓練技術や豊富な知識・経験を持った先輩方と働け、犬の成長を見られることが喜びです。

学校で学び、役立っていることは?

犬のトレーニングや健康、病気についても詳しく学べたことはとても役立っています。そして、何より犬と本気で向き合うことで絆や関係を深めるすばらしさを学びました。

メッセージ

国際動物専門学校と出会えたおかげで人として成長することができました。これからの目標は競技会に出場して、よい成績を残すことです。皆さんも、悔いのないように自分のやりたいことにチャレンジしてください。

>>卒業生紹介トップへ戻る