教育体制

頼れる教職員と講師が夢の実現をサポート!

一番身近な担任の教員のほか、たくさんの講師やスタッフが、入学から卒業まであなたの学校生活を見守り、夢の実現をサポートしています。


シモゾノ学園のここがスゴイ!

ー安心して教育を受けていただくためにー

教育課程編成委員会

企業に即戦力として受け入れられる人材育成を目指して

「教育課程編成委員会」とは、常に進化し続ける動物業界で最新の技術や情報をカリキュラムに反映し、学生たちの教育に活かすことを目的として発足した委員会です。専攻分野に関する学術機関や、実務に関する知識・技術・技能について知見を有する企業、動物関連施設などから有識者を招いて構成され、現状のカリキュラムに対して、客観的な視点から助言や指導、改善の指摘を受けています。
この取り組みは、今後ますます社会から求められる職業教育の高度化において、教育の質を高めることにつながり、企業に即戦力として受け入れられる人財育成を可能にします。

イメージ

動物看護師統一認定機構との関係

社会や時代の流れにいち早く対応した教育を提供

マーク

動物看護師統一認定機構は、動物看護師の社会的地位と職域の確立、資格の統一化と教育の高位平準化を目的として設立されました。本学園理事長の下薗惠子は専門学校代表として、統一認定機構の設立準備段階から参加しています。
そのため学園では、正確な情報を確実に得られ、社会や時代の流れにいち早く対応した動物看護教育を提供することができます。

教職員研修制度

マーク

シモゾノ学園の教職員は、学生への指導力だけでなく自身の専門における能力の維持向上のために年に2回、学内研究授業日を設けています。学生に向けた授業を担当する教員はもちろん、その授業を見学する教員も学び取ることが多く、その後のディスカッションによって授業の改善方法を探る機会になる貴重な研修です。また、動物看護師教員は全員、動物看護師統一認定機構認定 認定動物看護師の資格を有し、動物看護のエキスパートとして学生指導にあたります。
犬のトリミングやトレーニングに関わる学科のトリマー教員、ドッグトレーナー教員は厚生労働省が定める社内検定認定制度を利用し、日本愛玩動物技能協会が実施する検定を受けています。
動物飼育教員は神奈川県野生動物リハビリテーター2級を所有し、日々の学生指導や動物の飼育管理に活かしています。

もしものときの対策

災害時用緊急セット

学生の安全のための対策に取り組んでいます。

災害時に自力での帰宅が困難となった場合には、安全を確保するために学校にとどまることになっています。その時に必要とされる最低限の食料や飲料水、保温具などを一つの箱にまとめた「シモゾノ学園緊急セット」を全学生へ配布しています。個人ロッカーで保管し、卒業後は災害時に備え、自ら考えて行動するきっかけとなるよう、自宅に持ち帰って保管してもらいます。


内容物
●備蓄用保存水(500ml)×2本●アルファ化米×1食
●長期保存用クッキー(2本入り)×1食●アルミブランケットシート×1枚
●サニタクリーン便袋×1枚●LEDバッテリー小型ハンドライト×1本
●簡易エアーマット×1枚

イメージ

人はもちろん、動物の命をあずかる学校だからこその責任

動物緊急救命士
ドッグプロポーターチーム ※全員が取得!!

マーク

シモゾノ学園専属獣医師による緊急救命講習を修了し、動物運搬時の緊急事態に対応できる知識と技術を修得した証です。安心・安全に動物の運搬をすることができることで、多くのモデル犬の飼い主さんから信頼をいただいています。
※ドッグプロポーターチーム...美容実習でお借りする一般の飼い主さんのモデル犬の送迎、管理をする部署です。

消防庁救命技能認定証
 ※全教職員が取得!!

マーク

東京消防庁・さいたま市消防局によって行われている普通救命講習を全教職員が受講しています。

※上級救命技能認定証を有する職員も一部います。