卒前教育プログラム(自然環境・動物飼育学科、しつけ・トレーニング学科)

シモゾノ学園の2年生、3年生は3月に卒業を迎えます。
動物業界の一員として社会に出る前に、業界のスペシャリストをお招きして特別講義を開催しています。
これまで、自然環境・動物飼育学科としつけ・トレーニング学科で卒前セミナーを開催しましたのでご報告いたします。
 

自然環境・動物飼育学科 卒前セミナー(1月18日開催)
講師:山崎充哲先生(「おさかなポストの会」代表)
テーマ:「多摩川の生き物」
     多摩川の環境と生き物の保護のため、地域や学校と協力体制を組み、
     水辺の安全教育に尽力されている山崎先生より、「多摩川で見られる外来種」
     「多摩川に捨てられる生き物たち」「多摩川の現状」の3つの視点から
     ご講演いただきました。

 

CIMG3762.JPGCIMG3757.JPG

 

 

しつけ・トレーニング学科 卒前セミナー(2月12日開催)
講師:西川文二先生(「Can!Do!Pet Dog School」代表)
テーマ:「昔と現在の犬のトレーニングの比較」
     雑誌「いぬのきもち(ベネッセ)」への連載もされ、犬のしつけ、行動学、
     行動心理、学習心理に精通される家庭犬インストラクターの西川先生より、
     時代の変化によって飼い主さんが犬に求めるものの変化し、トレーニング方法
     も変わってきたという、犬のトレーニングの変容についてご講演いただきました。

 

IMG_3240.JPGIMG_3238.JPG

 

 

 

学生の感想
IMG_3243.JPGのサムネール画像「人間の身勝手で生態系が崩されることを知り、自分の生活を見直すよい機会になりました(自然環境・動物飼育学科)」

 「実際の家庭環境での問題行動の直し方を 映像を含め 詳しく説明してくださったので具体的に学ぶことができました(しつけ・トレーニング学科)
 

 

 

 

 

学生はスーツ姿で受講し、講師の先生のお話に熱心に聴き入っていました。
新たに知る一面、実際の現場でのやりがいや厳しさなど、あらためて教えていただき、4月からの新生活に向けて準備をしています。

このほか3学科でも、今後卒前教育プログラムとしてセミナーを開催します。
その様子につきまして、随時ご報告して参ります。