ARCH04.jpgのサムネール画像『One theme mook ARCH』04に、本学園の教育担当顧問 山下眞理子と教員 信岡尚子の論文が掲載されました。

「獣医学的臨床行為としてのリハビリテーション
        獣医師、理学療法士、動物看護師の役割」p,10

「理学療法士が考える理学療法評価の意義と実践」p,20

1テーマを深く掘り下げる専門性の高い『ARCH』では、2015年は「動物理学療法・リハビリテーション」をテーマとして扱ってきました。

「人と動物の共存共生」を実現するために、新しい分野への開拓を続けるシモゾノ学園教職員の取り組みがわかる内容になっております。

ぜひ、ご覧下さい。

IACとメディアでのご案内はコチラ