しつけ・トレーニング学科しつけ・トレーニング学科
しつけ・トレーニング学科

学びの3ポイント

- 人と犬の幸せのためにしつけとトレーニングを学ぶ! -

  • Point1 犬独自の「グループ担当犬制度」を通して「犬」と「人」の心を育てる!

    仔犬から成犬までの時間を共有することで学生と犬が共に成長する「グループ担当犬制度」。犬の習性や本能を理解し、信頼関係の築き方を学ぶだけではなく、協調性やチームワークという現場で必要なスキルも身につけます。

  • Point2 技術充実の学内・学外実習犬の能力を引き出す技術を学ぶ!

    犬の問題行動を起こさないための「しつけ」や犬が持つ能力を最大限に引き出す「トレーニング」を技術として身につけます。使役犬からドッグスポーツまで幅広い知識・技術を習得します。

  • Point3 就職「しつけ」「トレーニング」「トリミング」を学び、
    犬のトータルスペシャリストに!

    身につけた「しつけ」「トレーニング」の技術や、協調性は犬に関わるすべての職種への幅広い就職を可能にします。犬との共生社会をペットショップ、動物病院、しつけ教室などでリードする存在になります。

 

育成人財像

しつけやトレーニングを通し、ヒトとイヌの適切な共生関係を築ける人財

卒業時の目標

  • ヒトとイヌとの適切な共生関係を築くことを目指したしつけやトレーニングができる
  • 物おじせずコミュニケーションが取れ、プレゼンテーションができる
  • 社会人としての品格(法律・道徳・マナー)を表現できる
  • アニマルウェルフェア(動物福祉)を正しく理解し実践できる
  • 自らの行動を通して動物福祉を周囲の人たちに啓発できる

在学生の声

平田 理久 さん
しつけ・トレーニング学科 2年
神奈川県立 西湘高等学校出身

しつけ・トレーニング学科の醍醐味は、3~4人で1頭をトレーニングするグループ担当犬制度。言葉の通じない相手に自分の考えを伝えるにはどうすればよいか、ひとりだと悩んでしまうことも、チームの仲間に相談できるのがいいところです。また、仔犬の頃から接するので、犬の得意不得意や好みが理解でき、成長していく段階で、犬自身が苦手なことにがんばっている姿を見ると、とてもうれしくやりがいがあります。美容実習など他学科の科目も履修できるので将来の幅が広がるのも魅力です。

 
 

なりたい職業

  • ドッグトレーナー

取得可能な資格

取得年次: ★1 1年次/★2 2年次/ 選択取得/*1 1年次選択

日本動物福祉職能協会 認定
  • ドッグトレーナー 3級★1、2級★2
  • しつけアドバイザー 3級★1、2級★2
  • ドッググルーマー★1
  • トリマー3級★2
  • キャットスペシャリスト3級*1
(公社)日本愛玩動物協会 認定
  • 愛玩動物飼養管理士2級、1級
日本ペット栄養学会 認定
  • ペット栄養管理士
PADI 認定
  • スクーバダイビング

目指す就職先

  • 家庭犬・使役犬訓練所
  • しつけ教室
  • 犬の保育園・幼稚園
  • ペットサロン・ペットショップ
  • ドッグカフェ
  • テーマパーク
  • 犬同伴ホテル
  • 動物病院
  • 動物関連企業
  • など